仕事中の小説 - それは必要ですか?
Anonim

仕事で彼らの親密な関係を始めた人々の間にはかなりの数の結婚があります。 しかし、それは多くの結婚の崩壊に貢献する労働環境です。 これがオフィスロマンスのせいです。

オフィスロマンスの危険性


いくつかの状況では、小説は広く公開され、公開されるようになります。 これは、お気に入りまたはお気に入りが、キャリアのはしごを登って、自分の立場を使用する状況で発生します。
しかし、ほとんどの場合、小説はメディアの興味の対象にはならず、職場でのみ注目を集めています。 多くの調査の結果によると、より多くの管理者、中間管理職、部下が面接を受けた結果、オフィスのロマンスが仕事で緊張した雰囲気を作り出していることが明らかになりました。
すべての小説がそのような雰囲気を生み出すわけではないことを理解しておくべきです。 ほとんどの場合、これは上司と部下の間の恋愛関係です。 特にそのメンバーの一方または両方が結婚している場合、通常の作業環境を破壊するのはそのような小説です。 そのような小説は、集団の他の従業員に対する疑念と嫉妬を引き起こし、それが労働生産性の低下につながります。 しばしばそのような関係は保護主義の非難を引き起こします。 他の労働者は特別な注意が一人だけに払われると感じます。
既婚の管理職が特別な注意を払うと、女性は困難な状況にあると感じます。 そのような関係が他のチームメンバーに気付かれないことはめったにありません。 多くの場合、上司はそのような部下を他の従業員よりも厳密に扱い、同僚に修正を加えようとします。 女性は、自分が同じ状況、あるいはそれ以上に困難な状況にあることを他の人々に証明するために、信じられないほどの努力をしなければなりません。
このような小説のもう一つの危険は彼らの結末です。 そのような状況ではしばしば、恋人の一人がチームを去るべきです。 彼女はキャリアのはしごの下段にいるので、多くの場合、女性はそのような人になります。

オフィスロマンスは必ずしも悪いわけではありません


文字通り周りの雰囲気を照らすそのような種類のサービス関係があります。 ほとんどの場合、これらは結婚していない2人の同僚の間の小説です。
そのような愛好家は仕事に出かけていっそう頑張って仕事をする準備ができていて、そしてチームに新しい成果をもたらします。
このような小説の終焉は、元恋人たちだけでなく、その従業員の一員になることを強いられている同僚たちにとっても、深刻な職場での対立を招く可能性があります。